MacPortsでPerlの開発環境を構築する方法


MacPortsを使ってPerlの環境を構築する方法です。

Mac のOS X Leopardからnow LepardアップデートしてからPerlの調子がどうも良くなくモジュールをうまく読み込んでくれなくて長い間放置していました。
しかし、このままではだめなのでMacPortsで新しくPerlの開発環境を整えてみました。

MacPortsとは

MacPortsのインストールと設定

まずは公式サイトからMacPortsのパッケージをダウンロードしてきます.

http://www.macports.org/install.php
パッケージはMac のOSのバージョンごとに用意されているので注意しましょう。
ダウンロードできたらインストールしてMacPortsのインストールは終了です。

次にMacPortsを利用するにはPATHを通さなくてはなりません。
私がMacPortsをインストールしたときは勝手に.bash_profileに環境変数が設定されていましたが念の為に.bash_profileか.bashrc に以下の環境設定が追加されているか確認しておきます。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

次に、MacPortsのアップデートと利用するデータベースの更新をしておきます

$sudo port -d selfupdate
$sudo port -d sync

これでMacPortsを利用できる状態になりました。

MacPortsの基本的な使い方

インストールしたいパッケージを検索するコマンドは

$port search 検索する語句

パッケージのインストール方法は

$sudo port install パッケージ名

パッケージのアンインストール方法は

$sudo port uninstall パッケージ名

インストールされているパッケージの確認方法は

$port installed

インストールされたパッケージの更新があるか確認

$sudo port outdated

アップデートされたアプリケーションを更新

$sudo port upgrade installed

このあたりのコマンドがあればとりあえずなんでも出来ます。

MacPortsを利用してPerlのインストール

では早速MacPortsを使っていPerlのインストールを行います
$port search perl5 で検索をすると結構いっぱい出てきます。

私がインストールしたいのはPerl5.10.1なので

$sudo port install perl5.10

でインストールします。

perl -v でバージョンが5.10.1になっていれば成功です。
ならない人は以下のコマンドでperlの実行パスを確認します。

$which perl
/usr/bin/perl

本来ならば/usr/bin/perlのところが/opt/local/perlになっていなければなりません。

/opt/local/ の中身を見てみるとperl なくperl5.10があるのでperl を叩いたらperl5.10を実行するように以下のコマンドでリンクを作ります。

sudo ln -s /opt/local/bin/perl5.10 /opt/local/bin/perl

これでもう一度

$which perl
/opt/local/bin/perl

でperl5.10を使うことができるようになりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*